医療の国家資格と民間資格

医師や看護師として働くためには医療の資格となる国家資格が必要です。
国家資格とは法律に基づいて定める資格で、通常は国や国から委託された機関などがその試験や各手続きなどを行います。
有資格者でなければ業務を行うことが許されない業務独占資格、資格を持つものだけがその名称を名乗ることができる名称独占資格とに分類されます。
その他にも特定の業務を行う際に資格保有者を必ず事業所などに設置しておかなければならあいといった設置義務資格があります。
業務独占資格はその資格を取得せずに業務を行った場合は違法行為となります。
こういった医療の資格は国家資格であることが殆どですが、一方で、国家資格ではない公的資格というものもあります。
いわゆる民間団体や公益法人などが主催する講座を受けたり試験に合格することで取得できる資格を指します。
国家試験のように業務独占資格や名称独占資格であるものは存在しませんが、資格保有者の取得する知識や儀重油のレベルの目安となるため、知名度の高い公的資格は就職や転職に結びつくこともあるようです。
医療事務や介護事務といった事務系の職種に多いようです。
医療や看護系の国家資格は特に取得が困難と言われていますが、その職業的な地位を国から保障されているため、これを取得することで社会的な信用を得ることもできるといってよいでしょう。
医師や看護師、薬剤師や臨床検査技師、診療放射線技師、助産師など、医療、看護系の国家資格は殆どの場合、まず大学などの特定の教育機関の課程を修了するなどして国家試験の受験資格を取得しなければなりません。
試験を受け、合格する過程を経なければその職に就くことはできないというわけです。
そして試験を合格した場合、自ら免許申請をしなければ免許を得られない場合が殆どです。
国家試験に合格したとしても免許証がなければ業務に就くことができないということになるのです。
これらの申請は通常は書面での申請になりますが、中にはこの免許申請の手続きが電子化されているものもあります。
今後こういった電子申請が普及していくとより便利になるでしょう。

話題の医療の資格について、すぐわかるこのサイトがお勧めですよ★

  • 資格について詳しく掲載されているのはこちら。資格について興味がある方にはきっとお役に立ちます。